These forums have been archived and are now read-only.

The new forums are live and can be found at https://forums.eveonline.com/

一般的な議論

 
  • Topic is locked indefinitely.
 

【合法?詐欺】 シタデル 詐欺に注意!!

Author
Shigemaru
Cetus Cluster
#1 - 2016-10-08 10:07:34 UTC  |  Edited by: Shigemaru
タイトルを見てもイメージが湧かないと思いますが、新手の詐欺が流行っている?ようです。

内容的には、クーリエ(輸送コントラ)にて高額な保証金をかけて、例えばJITAから3J先のシタデルまで輸送依頼を出します。
誰かがそのクーリエを受けた直後、クーリエを受けたカプセラーを入港禁止にします。
そうすると、当然荷物は運べなくなるので、相手に保証金を取られてしまうという仕組みです。

ポイントは、クーリエを受ける時点では、そのシタデルはフリーポート状態になっているという事ですね。

ある意味では合法ではあるのですが、システムの弱点かとも思われます。

クーリエを発行した時点でフリーポート状態であれば、そのコントラの期限内はドックインの変更は出来ないようにするべきです。

(又は、入港不可にした場合は、シタデルから最も近いハイセクステーションに場所が変更されるとか・・)
自分が被害を受けた訳では無いので細かい事は不明ですが、詐欺にあった人の話では総額2B++騙されたそうです。
騙される方がマヌケと言っては話が進まないので、そういう返信は不要でお願いします。
maru karasu
Granzella revolutionary army
#2 - 2016-10-08 16:22:10 UTC  |  Edited by: maru karasu
Shigemaru wrote:


クーリエを発行した時点でフリーポート状態であれば、そのコントラの期限内はドックインの変更は出来ないようにするべきです。



クーリエの発行者とシタデルの所有者が別の場合、一度シタデルをドック可能状態(もしくはフリーポート状態)にさせると他者がクーリエを発行し続ける限り永遠とドック可能状態(フリーポート状態)にできてしまうため難しいのではないでしょうか?

また

Shigemaru wrote:

入港不可にした場合は、シタデルから最も近いハイセクステーションに場所が変更されるとか・・)


はもしnullやlowのシタデルに行き先が指定されている場合どうするか?という問題がありますし、
仮にシタデルから一番近いSTに変更になるとしても、そのSTが本来の目的地とは別場所の場合(たとえばhighに届ける予定が一番近いSTがlowであったなど)があります。
更にnullの場合STのドック権限も絡んでくるため難しいと思われます。

highのみの場合に限ることもできるかもしれませんが、それはシステム的に、また公平性を考えると難しいのではないかと思います。(ここら辺は推測ですが・・・)


個人的にはそのままでいいのでは?と考えます。
(上記の理由+nullのSTは同じシステムですが今まで問題になったことと、信用取引詐欺も似たような感じですががそのままでこちらだけ改変されるのはおかしいかなと思ったことと、当たり前ですが騙されるほうが悪いからと考えているため)
melilot nibe
SAKUMA DROP
Caladrius Alliance
#3 - 2016-10-08 17:42:08 UTC
まず、私は現状のままで変更が必要ないと考えます。

理由としましては、
1.そもそも受諾者がドック不可のNullSTへ輸送コントラクトが発行可能のため、現状とあまり変わらないこと。
  (NULLのプレイヤー管理STも入港の許可・不可を変えて同じことができます)
2.シタデルはプレイヤーがオーナーであることは明白であり、ドックイン不可にされるリスクはオーナー以外に常にあること。

の2点より、現状と大きな違いはなく、そもそもプレイヤーがリスクを評価し、受諾する・しないを決定すればいいかと考えます。
但し、現在容量警告の様な形で、シタデルにドックインできなくなる可能性を警告するのはいいかと思います。

Quote:
入港不可にした場合は、シタデルから最も近いハイセクステーションに場所が変更されるとか・・)


こちらについては、依頼者とオーナーが別人の場合、依頼した場所以外に運ばれる事になります。
その場合、コントラクトの成否・報奨の支払いにをどうするかの基準設定が非常に難しいと考えます。
また、そもそもセキュリティーステータスの問題でHighSecに運ばれて困るプレイヤーもいるでしょう。

基本的には、コントラクトの受諾をするしないの選択肢は受諾者にあります。
輸送コントラクトはリスクと利益を天秤にかけ、受諾する物と思いますが、
今回の事例は、リスクの見積もりが甘く、結果損失になっただけかと思います。
そのため、やはり特に大きな救済が必要であるとは思えません。
Sacan Akun
Smart Bears
#4 - 2016-10-08 18:48:23 UTC
Shigemaru wrote:
騙される方がマヌケと言っては話が進まないので、そういう返信は不要でお願いします。

間違いなく騙された方がマヌケな事例だと思います。
というか、あなたが同意だけを求めているのでしょうか?
そうであればパブリックなフォーラムではなく、イエスマンを集めたコミュニティで議論(ではありませんが)すべきです。

ともあれ、ナイスな稼ぎ方のヒントを得たので、明日にでもAstrahusを買ってきます。
ありがとうございました。
Walter Islands
The Far East Starfleet Academy
Siege Green.
#5 - 2016-10-08 22:59:29 UTC
数bもの被害に遭われたことは心中お察ししますが、EVEの詐欺に関する方針は、やはり「騙される方が悪い」の一言に尽きるようです。

2003年のサービス開始後、すぐに配達不能地点への輸送契約という詐欺が生み出されました。その際、CCPはCONCORDの口を借りてこんな風に語っています。

https://community.eveonline.com/news/news-channels/eve-online-news/concord-reports-alarming-rise-in-scams-thefts/
捜査官は「ミッション・インポッシブル」と呼ばれる方法がお気に入りだという。
「騙されやすい船長は報酬が魅力的という理由だけで、極めて困難、或いはどう考えても不可能な輸送契約を受諾してしまう。彼らは自分たちが何を請け負ったのか気づかず、彼らの口座に紐付けされる担保に何の疑問も抱かないんだよ。積荷には封がされているから何を運んでいるかも分からないし。輸送契約は、自分が何をやっているのか理解しているのが大前提のシステムだ。それはつまり、契約を発行した人間を信頼する必要があるという意味でもある。履行不可能な契約を受けるのは個人の勝手であって、違法なことじゃない。上手くいかなかったからって法的救済を得られるわけないだろう」

それでもシステムの穴を突いたexploitであれば話は別ですが、今回は該当しません。シタデル宛輸送契約を開いた時点で「ステーションを利用できない可能性があります!」と警告され、受諾しようとすると更に別ウィンドウが開き、「所有者のサービス利用権変更によって契約を全うできなくなる可能性があるが、本当に受諾するのか」と確認されます。このような警告が用意されているということはCCPも了解済みの仕様ですから、やはり契約請負側が用心して事に当たるしかありません…。

結果は残念ですが、このスレッドを見て被害を回避できるカプセラがいるかもしれませんし、今のところはそれを慰めとする他なさそうです。最後に改めて心中お察し申し上げます。
Shigemaru
Cetus Cluster
#6 - 2016-10-09 11:21:45 UTC  |  Edited by: Shigemaru
誤解されやすい表現だったようですが、別に賛成意見だけを求めている訳ではありませんよ。
また、自分が騙されたわけでもありません。

タイトルを見て貰えば理解してもらえると思いますが、一つは詐欺に対する注意喚起の為です。
あとは、現状のシステムに不自然さを感じたからです。

確かにシタデルの所有者と、コントラ発行者が別々だった場合、意図的ではないにしろ不具合が発生しますね。
皆さんのご意見を読んでいて思ったのですが、【ドックしなくても荷物の配達は可能】というのはどうでしょうか?
具体的には、シタデルを右クリック⇒配達完了 という感じで。
若しくは、ドック不可の変更に24時間の猶予を持たせるとか・・。

現状のままだと、本当にクーリエが必要な時があった場合でも、誰もシタデル行のクーリエは受けなくなってしまうと思います。
melilot nibe
SAKUMA DROP
Caladrius Alliance
#7 - 2016-10-09 12:08:19 UTC
Quote:
ドックしなくても荷物の配達は可能

それこそNullのプレイヤー所有STに輸送先設定可能、LowSecST、NullSecSTにも設定可能であり、
Citadel登場前から大差ないと考えるため、かえって不自然ではないかと思います。

そもそも、NullのプレイヤーSTやLowへの輸送コントラクトを一般的に受けない理由は、
STに入れないかもしれない、道中船を落とされるかもしれない、などのリスクを鑑みてですよね。
そしてこれらはそのシステムを、経験や人伝などで知っての事だと思います。

今回の事例は、シタデルはプレイヤーコントロールだからドックインできないかもしれない、
というリスクを鑑みた上か、抜け落ちていたかはわかりませんが、評価を誤っただけでしょう。

Quote:
本当にクーリエが必要な時があった場合でも、誰もシタデル行のクーリエは受けなくなってしまうと思います

これも現状と変わらないと思います。
Nullのプレイヤー所有STでクーリエが必要であってもだれも受けないのと変わりません。
依頼する方も、請負う側にリスクが発生することを考え、輸送先を最寄りNPCステーションなどにすればいいだけでは無いでしょうか?
また、コープAlly間の取り決めでドックイン可能とし、輸送を依頼したい場合などで現状のシステムを使っていくこともできるでしょう。

以上より現状でシステムを変更する必要はなく、今まで通り輸送コントラクトの請負者が、
リスクを鑑みて請負う・請け負わないを決定すればいいでしょう。
HighSecでのカミカゼ攻撃などのリスクの中に、
「シタデルへの輸送ははドックインできない可能性がある」というリスクが追加されただけです。
maru karasu
Granzella revolutionary army
#8 - 2016-10-09 14:12:30 UTC
Shigemaru wrote:

あとは、現状のシステムに不自然さを感じたからです。



現状のままだと、本当にクーリエが必要な時があった場合でも、誰もシタデル行のクーリエは受けなくなってしまうと思います。


むしろ至極自然なシステムだと思います
citadelはNPC所有のSTよりもむしろnullのプレイヤー所有のSTに近いものだと思います。(というよりまんまプレイヤー所有のSTです)
nullのプレイヤー所有ST行きのクーリエを現状(特定の場合を除き)だれも受けていないことを考えればごく自然ではないでしょうか?

もし本当にクーリエが必要な場合はnullの場合と同様特定の業者に頼むなり近場のNPCのSTに運ぶようにしてもらえばいいだけだと思います。